2018年1月11日木曜日

中野区・平和の森公園をなにゆえ「整備」するのか

 中野区の北にある平和の森公園は、芝生の土の原っぱと樹木の林で構成されている憩いの場だ。伐採した樹木園に場所にバーベキュー、陸上トラック、コンクリの滑り台を造り、体育館を造るということだ。体育館は付近に以前あった公営住宅も取り壊して、そこにも造ると掲示板に表示してある。
 
 オリンピック、パラリンピックのための整備計画としているのだとか。特徴的なのは、議会にも出されているさまざまな意見にこたえる気が全くないということ。批判されているのは当然だと思う。格好だけ区長との対話をし、住民説明会、パブコメなどの寄せられている意見には応えないし、情報も開示しないとのことだ。
 
 樹木の伐採計画は東中野、江原、哲学堂でも進められていて、いまどき希少な公園を狭め、樹木を切るという「整備」が強引に進められている。

 平和の森公園では、保育園か幼稚園の幼児たちが、先生の誘導で走り回って遊んでいる。ベンチにはゆったりと腰かけた高齢者が日向を味わっている。なかには孫と思しき子供に凧揚げの指導をしている光景も。小さな模型(紙?)飛行機をつかって競技をしている比較的若い人もいる。周囲にあるランニングコースでは必ず走っている人たちがいる。

 万人が憩い親しめる場所を再整備して、区民のためということになるのか大いに疑問だ。北側の樹木園は17000本の木を伐採するという驚きの工事が始められる。再整備というよりも文化と自然と生活への「壊し」にならないのだろうか。















2018年1月6日土曜日

紅白歌合戦見るも見ないも暮れのこと

 NHKの紅白歌合戦は見ないことにしているが、歌合戦に出演した“丘みどり”が歌った「佐渡の夕笛」のジャケットづくりに息子がかかわったとのこと。といっても、能面を持って行っただけのこと。

 佐渡は能と縁が深く能舞台が現在も30もある。江戸幕府が金銀山のために、天領とし金山奉行として大久保長安を赴任させた。そのとき能役者を同伴したのが始まりで、佐渡各地の神社に能を奉納した。庶民にも広く開放したため明治のころには200以上の能舞台が作られた。息子もそんな関係から佐渡に出かけることがあった。
 
 「佐渡の夕笛」のジャケットに能面を使いたいとの話があって届けたということだった。Facebookでともだちになっている方が、同郷出身の“丘みどり”が出演するので、今年は紅白歌合戦を見てしまったと投稿されていた。


2018年1月3日水曜日

ブログを書けば健康に結びつくかな?

 ブログを書くのに着想がいるし、文章をまとめるためにエネルギーを使う。健康のためにいいことだと思って書く。書くことを自己目的化して続けていけば、やっている気分がストレス解消になっているのかもしれない。ブログが出来上がるとほっとするから、逆に書こうとすることでストレスにもなっている。

 もっぱら余生の生活は、成果なぞというものはいらない。業績の価値観も考える必要はないから、専ら己のみの満足感を求めてのこと。当然金に結び付くことはない。今年も朝の洗顔と同じつもりでやっていければいいと思う。

 暮れに健診結果が送られてきた。心臓の働きが悪いので再検査が必要とのこと。休肝日の効用で肝機能の数値はよくなってきた。年相応の証明だろうなと、お付き合いのほどを祈るのみ。BMIは経年少しずつ小さくなってきているが、このメタボ基準はずっと高めになっている。この間チラ見だったが、テレビで22~27までも基準の幅として認めていいとの話をしていた。

 健診の基準は18.524.9までが幅となっているが、人間は太目細目があるので、健康的であるならば、その数値にこだわることはないのではないかと思う。タイプ別の区分を考えないのか。もっともそういってしまえば、他の血液検査などの結果も人別になってくるということになるが、ビックデータ利用による把握などができれば、個性の数値水準をもつことができるのではないか?個人情報の利用にあたるから工夫はいると思うけれども。

2018年1月1日月曜日

年の初めにあって安穏を感じさせる一時

 新年は息子の追っかけで、鳩の森八幡神社へ。午前零時から新春奉納式が始まった。息子の仕舞は「胡蝶」。落ち着いた感じがしていままでにない感じがした。月が真上近くに見えたので、バックにして河津桜の芽を撮ったけど、暗くてちょっとわからない。「謡初め、舞初め」として桜間会一門が披露する。年明けの催しとして伝統的に引き継がれているものだろう。














2017年12月29日金曜日

「世界一」のクリスマスツリー

神戸市で行われた「世界一のクリスマスツリー」と銘打った催しがギネス世界一を狙って行われた。富山県氷見市の山中で発見された高さ30m超、直径約1m、重さ約24tの樹齢約150年のあすなろの木を、切り倒すのではなく根から掘り採りし、新幹線やロケット輸送で用いられる特殊車両と大きな船を使って富山港から神戸まで1000km以上の距離を運んで、神戸市のメリケンパークに植樹された。

そのあすなろの木に、メッセージプレート式の「つり飾り」5万枚を飾り、オフィシャルメッセージオーナメント数でギネス世界記録に挑戦するのだとか。最後はバラバラに切り刻まれて売り飛ばされるという。
 
 復興と再生の名を冠しているのだが、いったいそれで励まし勇気づけになることのだろうか。生の木を根こそぎ掘り起こし大金をかけて移植して、果ては20センチに加工されて3800円で売り払われるという。少なくともあすなろの木は喜ばないだろう。犯罪になるというわけではないだろうが、それが自然に対する人間の態度ということでよいのだろうか疑問に思う。

「全国の人気のイルミネーションランキング」というサイトがあり、イルミネーションは全国で500カ所以上あると書いている。煌びやかに夜を飾る光を見て楽しむ人は多いのだろう。しかし灯の届かないところで、えもいわれぬ苦労を続けている人がいることにも思いがいたらなくては、虚構の光となってしまうだろう。

1人あたりは最低な日本経済の悲しい現実
→日本の生産性は、先進国でいちばん低い
・日本は「GDP世界第3位」の経済大国である
 → 1人あたりGDPは先進国最下位(世界第27位)
・日本は「輸出額世界第4位」の輸出大国である
 → 1人あたり輸出額は世界第44
・日本は「製造業生産額世界第2位」のものづくり大国である
 → 1人あたり製造業生産額はG7平均以下
・日本は「研究開発費世界第3位」の科学技術大国である
 → 1人あたり研究開発費は世界第10
・日本は「ノーベル賞受賞者数世界第7位」の文化大国である
 → 1人あたりノーベル賞受賞者数は世界第39
・日本は「夏季五輪メダル獲得数世界第11位」のスポーツ大国である
 → 1人あたりメダル獲得数は世界第50
デービッド・アトキンソンDavid Atkinson(小西美術工藝社社長)

2017年12月24日日曜日

熟年だって忙しい毎日

 熟年同士の話で、時間が経つのは早いというのが、枕詞のように出る。仕事はしていないわけだから、そんなはずはないわけなのだが、どんなに時間を費やしているのか?最近は、朝はパッと起き上がることはない。寒くてグータラして起きると言えばそうなのだが、血圧上昇のことを心配すると、ジワーと動き出して血流を少しずつ上げてやるのがおすすめとのことだから。

 そうするうちには、たしかに以前よりは時間が過ぎてしまって、希少なゴミ出し仕事も少々忙しいことになる。それよりなにより、食事の時からのワイドショーだ。賑々しく時の話題を振りまくものだから、これへの時間投入がずっと増えた。北朝鮮の頻発報道(?)から、逃げ回る政府・モリからカケ問題追及、線香花火のような都民ファースト・小池知事の話題、「なんとか解散」総選挙、角界暴力事件と、目まぐるしく報道してくれて、一日の時間を縮めてくれる。昼食時も同じような報道で、新しそうなネタであればつい見続ける。

 そりゃあこのほかにも、あれこれの打ち合わせと、飲み会もあり、パソコンの前での仕事ならぬ不毛趣味などなど、天からいただいた時間の消化に努めている生業。これを称して、忙しいとはとてもとても言えず、「時間のたつのが早い」と言うしかないこと。


 ツイッターで見かけた現職の仕事、大変な状態と思いつつ。眺めるしかできない役立たず。郵便物は年内にはもう届かないという話もある。景気が回復していると、まことしやかに言うこととの違和感あり。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ええ、もう現場は大混乱ですよ……
ゆうパックに携わる社員は完全に労基案件ラインぶっちぎって残業休日出勤繰り返して処理に当たっていますが、やってもやっても終わりません……。管理職や本来現場とは関係ない部署も応援に入って処理や配達に向かっています……

2:51 - 2017
1218
 11 11
件の返信   5,029 5,029件のリツイート   2,352 いいね2,352

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

2017年12月22日金曜日

暴力は遺物の存在、いらないものにしたいこと

 このところテレビのワイドショーは、相撲協会の暴力騒動に乗っ取られて、北朝鮮の報道が後景になってきた。北朝鮮が核実験やらミサイルを打ちあげるたびに、そのニュースでテレビ画面を独占状態にする。そのときに首相がテレビに現れて、北朝鮮の行為に許せないことと「かっこよく」話す。たしか、モリカケ問題が国会で追及されてからは、ぶら下がり記者会見には応じることをやめていたことだったはずなのに。

 そんなことを考えると、北朝鮮が助っ人で現れるがごとき様相だと言いたくなる。きっかけは北朝鮮の無節操な武器示威行動だし、アメリカ大統領の一貫した「挑発」言辞ツイッターが輪をかけて危機を煽りたてる。ここにきてようやく「対話」の動きが伝えられて、何とかその方向に動いていけばと少し安心する。しかしこの状況を最大限利用して、憲法を変えて日本が戦争のできる国に変えてしまおうとする動きと、北朝鮮との「対話はしない」という政府の態度は危険な方向の選択だ。 

 相撲界の暴力事件は、暴力的指導をよしとする封建時代のあり様を引きずる。他のスポーツ界では克服する手は打たれているのに、なくせない甘さが角界に巣くっている。人権や民主主義をわきまえない、つまり憲法の精神を適用できない社会構造への警鐘としなくてはならないのではないか。言ってみれば、軍隊の組織維持の方法としての「暴力」が表で大手を振って歩き出すようなことになってはならない。